ヒアリの天敵はゾンビバエ?別名「殺人アリ」の特徴や見分け方など

こんにちは、カゲロウです。

南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が、はじめて日本に上陸したとして問題となってるね。

今回は、ヒアリの特徴や見分け方、天敵の存在などの生態をまとめていきたいと思う。

スポンサーリンク

◆ついに日本に上陸

ヒアリはもともと、南米中部で生息していたんだけど、1900年代前半に貨物船を介してアメリカに侵入。

2000年以降はオーストラリアや東南アジア、中国などに広がった。

日本では、2017年5月20日、神戸で陸揚げされたコンテナから女王アリを含む500匹以上が発見。

その後、名古屋、大阪、東京の港でヒアリが確認されている。

◆ヒアリの特徴

ヒアリは漢字で書くと「火蟻」。

強い毒性を持ち、ヒアリに刺されると名前のとおり、火傷のような激しい痛みにおそわれるらしい。

在来種のアリを駆逐し、農作物を食い荒らすなどの被害を出してしまうんだけど、やはり一番問題なのは人間に襲いかかること。

アメリカでは年間1000万人以上が刺され、うち8万人がアナフィラキシーショックを引き起こし、約100人が死亡していると言われている。

別名「殺人アリ」と言われるゆえんだね。

驚きなのは、強い繁殖力。

女王アリは雄アリとの1度の交尾で一生分の精子をため込み、1日最大2000~3000個の卵を、7年間毎日産み続けるのだとか(゚д゚;)

2000個×365日×7年間=511万個

少なく見ても、500万個を超える卵を産む計算になる…

うかうかしていると、そこら中ヒアリだらけになってしまいそうだよね。

◆ヒアリの見分け方

ヒアリの個体の色は赤茶色で、腹部は黒っぽい赤色、体長は2mmから6mmと大きさにばらつきがある。

お尻に毒針があるくらいまでは見分けがつくかもしれないけど、そのほかは

  • 複眼は個眼が15個以上
  • 触覚は10節に分かれる
  • 頭盾前縁中央部に突起あり
  • 触覚の先端はこん棒上で2節
  • 前伸腹節にトゲや突起はない
  • 腹柄は2節になっている

と、とてもシロウトには判別不能(>_<)

しかし、そんなシロウトさん達に朗報!

2017年7月から「ヒアリ警察」というアカウントがTwitterに登場し、

これはヒアリですか?

と画像付きで送れば、

ヒアリではありません。トビイロシワアリです。日本で最も普通に見られるアリの一つです。

という具合に、ヒアリかどうかを判定してくれるのだ。

「ヒアリ警察」さんが、どういう人なのかは知らないけど、リプライを見る限り、かなりの専門知識をお持ちの方。

悪ノリしたユーザーが

これがヒアリですか?

といって、元プロ野球選手の森本稀哲(ひちょり)選手を送っても、

ヒアリではありません。ヒチョリです。通算で見るとそれほどでもないですが、怖いバッターでした。

と、優しく返信してくれている(*^_^*)

◆天敵はゾンビバエ

こんな最強のヒアリだけど、天敵も存在するのだとか。

それは「ゾンビバエ」と呼ばれるノミバエの一種。

ゾンビバエは、腹部のトゲをヒアリの体に突き刺して、一瞬で200個の卵をヒアリの体内に産みつける。

そして孵化した幼虫たちは、ヒアリの体液を吸って成長すると頭部に移動し、脳を食べてヒアリを息絶えさせるのだとか。

聞いただけでグロいね…(~_~;)

アメリカでは、このゾンビバエに目をつけ、ヒアリの駆除実験をしてるんだけど、ヒアリが膨大に増殖してしまっているので、根治には至っていない。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、ヒアリという強烈すぎるキャラクターは、和を重んじる日本には合わないようだ。

さっさとお引き取り願いたいね、加計、森友…ただでさえ日本は課題が山積みなのだから(~_~;)

《ヒアリの記事》

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ヒアリの天敵はゾンビバエ?別名「殺人アリ」の特徴や見分け方など […]