キヨシローの命日に思う。忌野清志郎は反戦・反核・反原発だったのか?

こんにちは、「脱力系」サラリーマンのカゲロウです。

5月2日は忌野清志郎さんの命日だったね。

わたしが初めてキヨシローを意識したのは、タイマーズだったろうか。

スポンサーリンク

◆タイマーズの衝撃

もっとも、タイマーズを率いているのは、忌野清志郎さんによく似た「ゼリー」という人物であり、ゼリーは

RCはあんまり好きじゃない

と発言するなど、別人物という設定らしい。

まあ、それはそれとして、友人に貸してもらったアルバム「THE TIMERS」は、衝撃といえる内容だった。

「3部作」のリズム感は秀逸で、「ロックン仁義」はまさかの演歌だし、「デイドリームビリーバー」の甘美な歌詞とメロディー…

一瞬でキヨシロー(ゼリー)のファンになった私は、RCのアルバムもレンタルして聴き漁った。

◆カバーズの衝撃

その中の一つが「カバーズ」だった。

カバーズは、ジョンレノンの「イマジン」やプレスリーの「ラブミーテンダー」など、洋楽をカバーしたアルバム。

歌詞はキヨシローが日本語で作っているのだけど、この歌詞が問題で、

「放射能はいらねえ、牛乳が飲みてえ」
「37個も建っている、原子力発電所がまた増える」

と、原発事業を推進する「東芝」(レコード会社の親会社)を激怒させる内容だった。

まあ、今の東芝ならキヨシローに文句を言うパワーもなさそうだけど、当時は力のあった「東芝」。

結局、レコードは発禁となって、カバーズは違うレコード会社から出すことになっている。

◆忌野清志郎は反戦・反核・反原発だったのか?

なんでキヨシローは、こんなアルバムを世の中に出したのか?

最近知ったんだけど、キヨシローのお母さんの旦那さんが、レイテ島の海戦で亡くなっているらしいね。

そのお母さんも、キヨシローが3歳の時に病気で亡くなり、キヨシローはほとんど母の記憶がなかった。

しかし数十年後にお母さんの遺品が見つかるんだ。

そこには、戦争を憎んだ実母の姿の記録が残されていた。

初めて見るお母さんの写真と一緒にね。

すでに有能な表現者となっていたキヨシローの、心の一番深いところに、母の思いが乗り移った事は想像に難くない。

あのキヨシローの怒りとパワーの源泉はそこにあったんだ。

◆キヨシローはロックンローラー

そうじゃないと出せないよ、キヨシローって優しい人だもん。

カバーズを出すことで、それまでお世話になった人や仲間に、色んな影響が出たはずだよ。

それを

戦争はんたーい、原発はんたーい

みたいなノリで、無下にできないって。

カバーズや、それに続く反戦・反核の曲は、キヨシローの表現の一部なんだと思う。

それ以上でも、それ以下でもない。

キヨシローは反戦・反核・反原発の代弁者ではないんだ。

ただ、心の中の感情を音楽に乗せて歌う、ロックンローラーなんだ。

もう自分の口では語れないキヨシローに、色々と背負わせるのは止めようよ。

◆まとめ

タイマーズのデイドリームビリーバーでは、こう歌われている。

あー今は彼女 写真の中で、優しい目で僕に微笑む♫

この歌は、写真の中のお母さんを歌っていたんだね。

キヨシローはお母さんと天国で再会できただろうか?


《Amazonリンク》

《特選記事》

忌野清志郎の『家族』~最愛の母へ捧ぐ“デイドリームビリーバー”

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする