大阪吹田・拳銃強奪事件の『家族』~父親は関西テレビ常務?犯人も元テレビ局員?

2019年6月16日、大阪府吹田市で、警察官の拳銃強奪される事件が発生しました。

今回は、この事件の犯人の男とその家族にスポットを当てていきます。

スポンサーリンク

◆大阪吹田・拳銃強奪事件

この事件は、6月16日の午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の『千里山交番』前で発生しました。

吹田市といえば、大阪万博の開催地として知られていますね。

あとは、千里ニュータウンが有名ですが、今回の事件はこの千里ニュータウンで発生しています。

事件の流れは、

  • 前々日(14日)犯人と思われる男が南千里駅のホテルに宿泊
  • 午前4時13分 防犯カメラに交番の周囲を歩き回る男の姿
  • 午前5時28分 ニセの空き巣被害の通報で警察官2人が出動
  • 午前5時38分 残された警察官が襲われ、拳銃を強奪される

こんな感じ。

近くのホテルに泊まって、ニセの通報まで…完全に計画的犯行ですね。

◆東京品川33歳の犯人の男

この事件の犯人と考えられているのは、東京都品川区在住の33歳の男。

なぜ東京在住の男が、関西で事件を起こすのでしょうか?

どうやら関係者によると、男は高校を卒業するまで吹田市内に住んでいたようですね。

だから現場周辺に土地勘があり、緊急配備をくぐりぬけて逃げおおせていたのでしょう。

以下、犯人の事件後の足取りです。

  • 事件後、北大阪急行の緑地公園駅近くに立ち寄っていた
  • 事件から3時間半後 犯人と思われる男がイオン北千里店で服を購入
  • 6月17日早朝、箕面市内で発見されて身柄を確保

◆父親は関西テレビ常務?

①父親が通報

なぜ警察は、遠く離れた東京都内の男を容疑者として断定できたのでしょうか?

実は警察が容疑者の映像を公開したところ、犯人の父親から

息子に似ている…

と通報があったようですね。

父親は、我が息子を警察に突き出すのは、気が進まなかったことでしょう。

最近は、息子可愛さに、一緒になって奥さんを埋めてしまうような鬼母も存在します。

404 NOT FOUND | カゲロウ家族辞典
父の大きさ、母の温かさ、兄のたくましさ、姉の優しさ…家族の数だけ存在する、家族のドラマをご紹介していきます。

②父親は関西テレビ常務?

関西テレビ放送』の常務取締役に、犯人と同じ名字の方がいます。

関西テレビ放送人事(6月19日)代表取締役会長 嘉納修治=昇任▽代表取締役社長 羽牟正一=新任▽常務取締役 飯森睦尚、谷口泰規▽取締役 喜多隆、伊東亮、大場英幸、田中士郎=新任、大澤徹也=新任、取締役相談役 福井澄郎、取締役 フジ・メディア・ホールディングス取締役相談役日枝久、弁護士土肥孝治、産経新聞社代表取締役会長熊坂隆光、阪急阪神ホールディングス代表取締役会長グループCEO角和夫、東宝常務取締役市川南(以下略)

犯人と親子関係が指摘されていますが、真偽のほどは定かではありません。

ただ、報道によると、父親は現在、大阪在住のようですね。

③息子も元・岩手めんこいテレビ?

犯人の男は、元『岩手めんこいテレビ』の社員だったとも言われており、2つのテレビ局は両方ともフジテレビの系列です。

しかし、犯人の男の現在の職業は、東京都内のゴルフ場のアルバイトです。

犯人の男の人生に、一体何があったのでしょうか?

「立派な父親とドロップアウトした息子」ということで、元事務次官事件との類似性が取り沙汰されそうですね。

404 NOT FOUND | カゲロウ家族辞典
父の大きさ、母の温かさ、兄のたくましさ、姉の優しさ…家族の数だけ存在する、家族のドラマをご紹介していきます。

◆被害者の26歳警察官

今回の事件で被害にあったのは、千里山交番に勤務する、大阪府警吹田署地域課の26歳の巡査です。

巡査は包丁で胸など7か所を刺されており、意識不明の重体となっています。

発見された時、巡査は左胸に包丁が刺さった状態で交番の外で倒れていました。

直後に現場に居合わせた人は、

あおむけで胸に両手を当てていて、血も相当流れていたので、おそらく刺されて倒れているんだろうと思った

と話しています。

26歳ならば、結婚して家庭を築いていてもおかしくありません。

病気や事故がなければ、ご両親もご健在の年齢です。

家族のご心中は、察するに余りあります。

◆まとめ

33歳の犯人と思われる男は、強盗殺人未遂容疑で逮捕されています。

強盗殺人罪に懲役刑はなく、死刑または無期懲役のみという極めて重い罪です。

警察官が生きているため「未遂」となりますが、その刑は必ず軽くなる訳ではありません。

襲った対象が警察官であり、奪ったものも拳銃ということで、社会を不安に陥れていますので、相当に罪が重くなるでしょう。

被害者の方には、心よりお見舞い申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました