過去の7つの放火事件を比較検証~京アニ、ドンキ、武富士、歌舞伎町雑居ビル…

2019年7月18日、アニメ制作会社『京都アニメーション』が放火されると言ういたましい事件が起こりました。

今回は、2000年以降に発生した7つの放火事件を比較検証します。

スポンサーリンク

◆過去の7つの放火事件

2000年以降に発生した大きな放火事件は、以下の7件です。

事件名 発生年月日
1 京都アニメーション放火事件 2019年7月18日
2 大阪此花区パチンコ店放火事件 2009年7月5日
3 大阪個室ビデオ店放火事件 2008年10月1日
4 ドン・キホーテ放火事件 2004年12月13日
5 歌舞伎町雑居ビル火災 2001年9月1日
6 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件 2001年5月8日
7 テレクラ放火殺人事件 2000年3月2日

大きな放火事件は、2000年代に多く発生していることが分かります。

この中で、2001年の「歌舞伎町雑居ビル火災」だけは、放火事件と断定されていません。

しかし、警視庁は「放火の疑いがある」として、捜査を継続しています。

火災は冬場が多いイメージがありますが、放火事件は春夏秋冬、いずれの季節でも発生していますね。

ちなみに消防庁の2018年統計によると、もっとも火災が多い月は3月となっています。

火災発生月 件数
1月 3,360
2月 4,077
3月 4,194
4月 3,952
5月 2,863
6月 2,410
7月 2,976
8月 3,808
9月 1,983
10月 2,638
11月 2,695
12月 2,944
合計 37,900

そして、死者が発生した火災の原因では「放火」が断トツでトップです。

火元出火原因  件数
1 放火 216
2 たばこ 144
3 ストーブ 109
4 放火の疑い 69
5 こんろ 42
6 その他 703
合計 1,283

◆死亡者・負傷者数

各放火事件の死亡者・負傷者数は以下の通りです。

事件名 死亡者数 負傷者数 合計
1 京都アニメーション放火事件 33 36 69
2 大阪此花区パチンコ店放火事件 5 19 24
3 大阪個室ビデオ店放火事件 16 10 26
4 ドン・キホーテ放火事件 3 8 11
5 歌舞伎町雑居ビル火災 44 3 47
6 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件 5 4 9
7 テレクラ放火殺人事件 4 4 8

犠牲者数としては、2001年に発生した「歌舞伎町雑居ビル火災」が最も多く、44名。

死亡者数・負傷者数の合計は、今回の「京都アニメーション放火事件」が69名と、最大規模となっています。

◆犯人像

各事件の犯人像は、次の通りとなっています。

事件名 犯人
1 京都アニメーション放火事件 41歳男
2 大阪此花区パチンコ店放火事件 41歳男
3 大阪個室ビデオ店放火事件 46歳男
4 ドン・キホーテ放火事件 47歳女
5 歌舞伎町雑居ビル火災 検挙できず
6 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件 43歳男
7 テレクラ放火殺人事件 65歳女(首謀者)

『京アニ』事件で身柄を確保されたのは、関東在住の41歳の男です。

404 NOT FOUND | 蜉蝣のカゾク
父の大きさ、母の温かさ、兄のたくましさ、姉の優しさ…家族の数だけ存在する、家族のドラマをご紹介していきます。

7件の放火事件を見ても、うち5件が40歳代の犯行で、うち4件が男による犯行ですね。

40代は、長年蓄積したうっ憤が爆発する年代なのでしょう。

また、2000年に発生した「テレクラ放火殺人事件」は首謀者である65歳女以外に、5人の実行犯がいます。

逆を言うと、テレクラ事件以外は、単独犯による犯行であることも特徴的です。

◆犯人の量刑

最後に、犯人が受けた量刑です。

事件名 犯人の刑 現状
1 京都アニメーション放火事件
2 大阪此花区パチンコ店放火事件 死刑 収監中
3 大阪個室ビデオ店放火事件 死刑 収監中
4 ドン・キホーテ放火事件 無期懲役 服役中
5 歌舞伎町雑居ビル火災
6 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件 死刑 2014年8月死刑執行
7 テレクラ放火殺人事件 無期懲役 服役中

そもそも、現住(人がいる)建造物に対する放火の量刑は、刑法第108条により、

死刑又は無期若しくは年以上の懲役

とされています。

当然、大きな放火事件を起こした犯人たちは、重い量刑となっていますね。

今回の『京アニ』事件の犯人も、重罪となる可能性が高いでしょう。

◆まとめ

という訳で今回は、過去に発生した7つの放火事件を検証してまいりました。

『京アニ』事件については、容疑者の身柄は確保されていますが、全身にやけどを負っていて、麻酔で眠っている状態です。

自業自得ですが、事件の全貌を解明するまでは、犯人には生き延びてもらわなければなりません。

最後に、事件で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました